[確定申告・記帳代行]コンビニ経営プランの料金及びサービス内容


事業所得の料金案内へ コンビニ所得の料金案内へ

コンビニ経営プランのお申込みへ移動する


個人事業主様なら年間9万円!(税込)

アルバイトスタッフが急に休んだりしても経理スタッフは休みません。
オーナー様は領収書の束を専用の返信用封筒に入れるだけで結構です。


確定申告をゴールとする毎月の記帳は面倒で仕方がないと思います。

スミシンでは、お馴染みの「明確料金」と「定額制」で記帳代行を行っています。
尚、スミシンでは仕訳数による課金はありません
また、スミシンのポリシーとして、
確定申告時の資料作成費用が0円(スミシン負担)を実施しています。


コンビニ経営プランの記帳代行費用「料金一覧」

確定申告の区分 基本プラン:青色申告特別控除65万円
対象の方 個人でコンビニを経営する方
サービス開始に伴う初期設定費用
(事業登録・科目設定・担当者打合せ他)
5,000円
月額料金 月額7,500円
仕訳数 仕訳/無制限
専従者・従業員数による課金 仕訳/無制限
毎月の送料 0円(スミシン負担)
決算時の費用 0円(スミシン負担)
サービス内容 (1)毎月の帳票お届け
(2)領収書整理貼付
(3)決算書(収支内訳書)作成
※当社の提携税理士が行います。
(4)確定試算書作成
簡易課税
※対象者は自動適用のオプション
プラス2,000円で対応可能
原則課税(本則課税)
※対象者は自動適用のオプション
プラス3,000円で対応可能
固定資産がある方 プラス1,000円で対応可能
お支払い方法 初年度 銀行振込、郵便局、口座引落し
初年度以降 口座引落し(銀行・郵便・信金他対応)

※オプション料金は含まれません
※オプション料金は、月のオプション費用x希望月数になります。
※一括,分割ともに初回の振込手数料はお客様負担になります。
※口座引き落としの手数料は、スミシン負担になります。

《サービスの流れ》
1.上記の経費・収入が発生した月よりお申込ください。
2.スタッフがお申込み内容を拝見し、最適な経理プランを構築する為に
  必要なご質問を1~2営業日で作成し「メール打合せ」を行います。
  打合せ終了後、振込み先口座をご案内致します。
  ※分割払いの場合は、初回振込分,分割引落し分の料金を計算してお送りします。
3.料金を指定口座にお振込ください。
4.お振込確認後、スターターキットを発送いたします。
  領収書等をお送りいただく着払い封筒を郵送いたします。
  同封の口座振替依頼書にご記入の上、ご返送ください。
  <次回以降のお支払いについて>
  毎月27日にご指定の口座より引落しとさせていただきます。
  ※一括払いの方は、翌年1月から引落しになります。
5.今年の経費or収入が発生した月~現在までの領収書等を
  まとめてご郵送ください。詳細はお送りする会員ハンドブック参照のこと
6.今年12月まで領収書等を月毎にご郵送ください。
7.全ての領収書等の資料が揃い次第、決算書・確定試算書等をご用意し、お預かりした
  書類全て整理・ファイリングした上でお返しいたします。


《ご注意》
◎申告はご本人が行う必要があり、当センターでは申告の代行はできません。
(当センターがご用意する決算書・確定試算書が申告の助けになります。)


経営ツールのご紹介(有料オプション)

月次決算書プラス 月6,000円プラス

月次決算とは「毎月決算」をすることです。
そのメリットと効果は
・今月は、どれくらい黒字なのか?
・赤字は、いくらで何が赤字の原因なのか?
・今月、お金はいくら残っているか?
などを経営者が毎月理解することができます。

月次決算を行うことにより、
どこを抑えれるとお金が楽にまわせるか
どこに手を打てば利益が出るか、
赤字を増やしている原因は何か、
ということまでわかります。
経営者にとってどこをどう歩けばよいのかという「地図」になります。
このオプションでは、貸借対照表/損益計算書を作成します。

月次経営分析レポート(PDF出力&メールでお届けコース) 月3,000円プラス
月次経営分析レポート(A4用紙出力&郵送お届けコース) 月3,500円プラス
ABC分析/財務分析/損益分岐点分析を作成しお届けします。

経営分析でもっとも基本的かつ、重要な手法損益分岐点分析を行います。
損益分岐点とは損が出る売上高、赤字になる売上高を分析することができます。
例えばデジタルコンテンツの販売をした場合、コンテンツを何個売れば採算が合うのかを計算するのが損益分岐点分析です。

ABC分析は「重点分析」とも呼ばれ、
沢山あるものを整理して大事なものから順に並べ、プライオリティをつけて管理していこうとするもので、
販売効率を分析する方法の一つです。
また、経営のさまざま部分で活用できる有力な管理手法の一つでもあります。

財務分析で見えるものは、下記のようなものです。
儲けは増加していますか?…粗利益伸び率
事業規模は拡大していますか?…売上高伸び率
資本金は増加していますか?…自己資本増加率
事業はどれぐらい成長していますか?…総資本増加率



このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマークに追加

[ 次へ ]法人向け記帳代行サービスと料金について
[ 戻る ]不動産所得者向け記帳代行サービス - 決算0円,月5,500円のみ

記帳代行サービスのご案内