法人向け記帳代行サービスと料金について

法人向け記帳代行サービス
事業所得の料金案内へ 不動産所得の料金案内へ

法人向け記帳代行サービスのご案内

皆さんの会社でこんな事はございませんか?

経理社員を雇うと出てくる悩み・・・

・経理社員が退職、引継ぎができるか心配。
・月額18万円もの給料やボーナスを支払いたくない
・人間関係の問題で仕事に支障がでている・・・
・新人のスキルが思った以上に低い・・・

スミシンなら解決!

・スミシンは退職しませんので人事の悩みも解決。
・年間でも18万円。月15,000円の経理社員はいかがですか?
・スミシンなら人間関係の悩みも必要ありません。
・個人の経理社員より経理会社に依頼すればスキルの問題も解決します。


スミシンでは、ひと目でわかる「一律料金制」安心の「定額制」料金記帳代行サービスを行っております。
毎月の料金も定額制だから、スミシンでは、仕訳数による課金はありません。
また、会計業界では初めての「決算費用0円」を実施しています。
浮いたお金は、息抜きや事業拡大にお使い下さい。

価格破壊のパイオニア「スミシン」、そのサービス内容も充実してまいりました。
まずは、このページで、記帳代行サービス費用をご覧下さい。

記帳代行サービス費用の料金一覧


サービスと料金について


対象の方 主に小規模法人
サービス内容 (1)毎月の帳票を作成
(2)領収書整理
(3)決算報告書(内訳書含む)の作成
(4)確定試算書作成
サービス開始に伴う初期設定費用
(事業登録・科目設定・担当者打合せ他)
10,500円
月額料金 月額15,000円
仕訳数による課金 仕訳/無制限
従業員数による課金 仕訳/無制限
毎月の送料 ご負担いただいております。
決算時の資料作成費用 0円(スミシン負担)

有料オプション ※該当法人は選択必須


簡易課税
※対象者は自動適用のオプション
プラス2,000円で対応可能
原則課税(本則課税)
※対象者は自動適用のオプション
プラス3,000円で対応可能
固定資産がある法人
(具体例(国税庁HPより)
※対象者は自動適用のオプション
プラス1,000円で対応可能

お支払などについて


お支払い方法 初年度 銀行振込、郵便局、口座引落し
初年度以降 口座引落し(銀行・郵便・信金他対応)


経営ツールのご紹介(有料オプション)


月次決算書プラス 月13,000円プラス

月次決算とは「毎月決算」をすることです。
そのメリットと効果は
・今月は、どれくらい黒字なのか?
・赤字は、いくらで何が赤字の原因なのか?
・今月、お金はいくら残っているか?
などを経営者が毎月理解することができます。

月次決算を行うことにより、
どこを抑えれるとお金が楽にまわせるか
どこに手を打てば利益が出るか、
赤字を増やしている原因は何か、
ということまでわかります。
経営者にとってどこをどう歩けばよいのかという「地図」になります。
このオプションでは、貸借対照表/損益計算書を作成します。

月次経営分析レポート(PDF出力&メールでお届けコース) 月1,000円プラス
月次経営分析レポート(A4用紙出力&郵送お届けコース) 月1,500円プラス
ABC分析/財務分析/損益分岐点分析を作成しお届けします。

経営分析でもっとも基本的かつ、重要な手法損益分岐点分析を行います。
損益分岐点とは損が出る売上高、赤字になる売上高を分析することができます。
例えばデジタルコンテンツの販売をした場合、コンテンツを何個売れば採算が合うのかを計算するのが損益分岐点分析です。

ABC分析は「重点分析」とも呼ばれ、
沢山あるものを整理して大事なものから順に並べ、プライオリティをつけて管理していこうとするもので、
販売効率を分析する方法の一つです。
また、経営のさまざま部分で活用できる有力な管理手法の一つでもあります。

財務分析で見えるものは、下記のようなものです。
儲けは増加していますか?…粗利益伸び率
事業規模は拡大していますか?…売上高伸び率
資本金は増加していますか?…自己資本増加率
事業はどれぐらい成長していますか?…総資本増加率



このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマークに追加

[ 戻る ][確定申告・記帳代行]コンビニ経営プランの料金及びサービス内容

記帳代行サービスのご案内